Qasee株式会社 設立

グローバル展開を視野に入れ
2021年6月末までに60,000ユーザーを目指す

株式会社ゼロフィールド(代表取締役:村田 敦、本社:東京都港区)は、2020年7月1日(水)よりQasee事業を新会社「Qasee株式会社」として運営してまいります。 2019年10月より本格始動したQasee事業は、PC内の「働き方」を見える化することで、社員一人ひとりの意識と行動改革を促し、組織の問題点や課題点を浮き彫りにさせ、強い組織へと変革をもたらすサービスを展開しております。 単独会社としてQasee事業の意思決定スピードを上げ、グローバル展開を視野に入れ、さらに大きなチャレンジに取り組んでいきます。

【新会社設立の背景と目的】

株式会社ゼロフィールドは、AI・ビックデータ関連のシステム開発・運用事業等、新しいテクノロジーから様々なサービスを生み出してきました。 2019年10月には、PC内の「働き方」を見える化することで、社員一人ひとりの意識と行動改革を促し、組織の問題点や課題点を浮き彫りにさせ、強い組織へと変革をもたらすサービスであるQaseeをリリースしました。海外のお客さまからも関心が高く2020年5月にQaseeサービスの英語版を展開しております。 今後も新機能を続々とリリースしていくなかで、これまで以上に事業に関する意思決定のスピードを上げることが重要であると判断し、新会社「Qasee株式会社」として事業運営を開始することを決定しました。

【今後の見通し】

これまでは、Qaseeのユーザーを自然流入で増やしてきましたが、2020年5月より村岡 聡氏がQaseeのチーフ・レベニュー・オフィサーに就任し、Qasee事業の推進力を高めてまいりました。 新会社Qaseeとして事業運営を行うことで、意思決定のスピードをさらに上げ、新たな機能を提供することで、Qaseeの真の付加価値をお客さまに届けてまいります。 また、同社設立から1周年である2021年6月末までに60,000 ユーザー獲得を目指し、グローバル展開を視野に入れ、挑戦を続けていきます。

村岡 聡氏

プロフィール

オニックス・ソフトウェア/コンソナ・コーポレーション(現アプティアン)でCRM導入コンサルタントとしての経験を積み、 2010年イントラリンクス合同会社に立ち上げメンバーとして参画。2015年カントリーマネージャーに就任。 5年間、M&Aバーチャルデータルームマーケットにおけるトップシェアのサービスの責任者として組織をけん引。 2020年4月イントラリンクスを退社し、2020年5月よりQaseeのチーフ・レベニュー・オフィサーに就任。

Qaseeとは

PCにアプリケーションをインストールすることで、どの業務にどのくらいの時間を割いているのか、 非効率な作業が発生していないか等、グラフでわかりやすく業務状況を分析。 キータイプやスクロール、タップ量を独自の指標で計測することで生産量や負荷状況を算出。 アプリの使用時間の推移を確認することで、社員自ら効率的な時間の使い方を考え、意識と行動改革を促し、 現在の組織の問題点や課題点、ボトルネックまでも手にとるようにわかることで 効果の高い組織改善、業務効率化を実行できるシステムです。